聴診器

イボ治療でも免疫療法が登場|体外にウイルスを排出しよう

がんをピンポイント破壊

女性

サイバーナイフとはがん治療の1つである放射線療法を行うことができる装置のことです。しかしながら、ただの放射線療法ではありません。高線量の放射線ビームを性格に照射することが可能なのです。そのため、患部以外の細胞は一切傷つけることなくがん細胞のみを破壊することができます。しかも、通常の場合はダウンタイムが1年以上もあるのに対して、このサイバーナイフを使えば短時間で回復します。こうした点が従来の放射線療法とは異なるところです。ちなみに、サイバーナイフで治療することができる対象は次のようなものがあります。主に頭頚部で発生するがんや脳腫瘍などです。施術時間自体も同じガンマナイフ療法に比べても短いので、気軽に受けることができます。

ガンマナイフとサイバーナイフは似た名称となっているため、混同してしまう方も多いです。どちらも高精度に脳腫瘍やがんを治療するのに用いられますが、この2つには大きな違いがあるのです。それは時間です。ガンマナイフは半日から1日まるまるかかる場合があります。サイバーナイフの場合はそこまでかかりません。また、サイバーナイフでは多方向から腫瘍やがんに対してピンポイントに照射することができます。この精度の高さもまた大きな違いです。さらに、最も大きな違いは被爆量にあります。サイバーナイフは患部のみを正確に当てることができるので、対象外への被爆量が圧倒的に少ないのです。そのため、放射線の照射による副作用を心配する必要は全くありません。このように、サイバーナイフは最新のがんや腫瘍の治療方法です。