病院

イボ治療でも免疫療法が登場|体外にウイルスを排出しよう

がんをピンポイント破壊

女性

サイバーナイフは放射線療法ができる装置のことですが、正確にピンポイントに照射することができるのが大きな特徴です。似たものにガンマナイフがありますが、施術時間、精度の高さ、被爆量において大きな違いがあります。

もっと読む

便と健康は密接な関係

看護師

検便検査では大腸がんなどの重篤な疾患や、ウイルス性の病気の発見が可能です。胃腸の病気は症状がわかりづらいため、早期発見が可能な検便検査は健康診断などに積極的に取り入れられています。病気を発見するだけでなく、無症状患者によるウイルスの感染を防ぐ役割も検便検査の特徴です。

もっと読む

状況に合わせた治療法

病院

聴神経腫瘍は小脳橋角部という部位にできる良性腫瘍であり、聴力の低下やめまいといった症状が現れます。治療では、手術での摘出や放射線治療が用いられ、時にはこれらを組み合わせる治療が行われます。良性で進行度が遅いため、まだ小さい腫瘍であれば、経過観察という選択肢もあります。

もっと読む

イボ治療に有効な免疫療法

医者

免疫療法はいろいろな治療において注目されています。特にイボの治療においては免疫療法が確立したことによって完治することが可能になりました。それまではイボは根本的に解決することはできませんでした。それというのも、イボというのは感染症の1つなので、人から人に感染していくものだからです。そのため、予防することも改善することも難しいとされていました。しかしながら、免疫療法が確立されて自身の免疫力を高めることで感染してもウイルスを体外に排除することができるようになりました。また、予防対策としても有効でウイルスに感染されない身体を作ることも可能になりました。このように、免疫療法はイボ治療において画期的なものになったのです。

免疫療法は、身体の免疫力を向上させるワクチンを注入してイボの原因を取り除くことが一般的なやり方です。数回通院してワクチンを受けるだけで完治することができますので、手軽に受けることも免疫療法の大きなメリットの1つです。また、これまでは半年から1年程度は通院する必要がありましたが、免疫療法の場合は時間がかかったとしても1ヶ月から2ヶ月程度で済みます。治療の時間短縮もメリットの1つです。もちろん、注意点もあります。免疫療法に使用されるのはあくまでも薬ですので、妊娠している女性は身体の胎児に何らかの影響を与えてしまう可能性があります。そのため、妊婦は治療を受けることはできません。医師から許可が出ないので、出産後に治療を受けましょう。